星色☆喫茶

主に乙女ゲームの感想を扱うはずが、記事積みまくりで雑記多めです。マイペースにゆるゆる更新中~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

薄桜鬼 第一章 京都乱舞 BD感想!

日付を越えてこんばんは~!

ようやく「薄桜鬼 第一章 京都乱舞」のBlu-ray感想ですよ…
本当は映画見に行く前に書く予定だったのに、
気付いたらこんなに時間経ってたぁΣ(・ω・ノ)ノ
でもなんとか3月中に書き終わって良かったです~

それにしても…昨日はオトメイト作品のVita化についての発表がありましたね~!
多くの方が話題にしている中、私も知ったときは驚きました!
ちなみにこちらでムービーが見れますよ~
やっぱりVitaか~と思う作品もあり、これもVitaになるんだという作品もあり。
これからのVita化について、目が離せそうにないですね!


さて。それでは本題の方に移りましょうか。
今回は映画「薄桜鬼 第一章 京都乱舞」のBlu-ray&特典の感想です。
私は初回限定版を購入したのですが、
薄桜鬼が好きなら絶対に初回限定版の方がいいと思う!
そう宣言できるくらい、特典の方も見どころがいっぱいでした♪
詳しいことは長くなりそうなので、追記で書かせてもらいますね~


でもその前に拍手お礼から。
「牧場生活、順調です!」に3拍手、
「薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹、観てきました!」に1拍手いただきました!
ありがとうございます~!

それでは追記より、薄桜鬼 京都乱舞のBD感想&特典について
書かせていただきます。
ネタバレしてますので、大丈夫な方のみお進みくださいませ~!





さて。それでは書いていきますよ~!
まずは過去に使った画像の使い回しですが、今回の話題にするものはこちら。


ちなみにBlu-ray本体につく特典は…
初回限定盤 豪華特典
①カズキヨネ 描き下ろし特製BOX
②藤澤経清 書き下ろしノベル『劇場版 薄桜鬼 京都乱舞 想片録』
  +劇場版 画コンテ集
③劇場版 薄桜鬼 第一章 京都乱舞 オリジナルサウンドトラックCD
④複製フィルム
⑤特製ブックレット
⑥オーディオコメンタリー
⑦「劇場版 薄桜鬼 第一章 京都乱舞」予告映像
⑧「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」告知映像

そこに店頭予約特典
「初回限定版予約特典:劇場版 薄桜鬼 第一章 京都乱舞 複製台本」
アニメイト特典
「カズキヨネ描き下ろし A4サイズ台紙付きポートレート」がついてきました!

特に書き下ろしノベルとオーディオコメンタリーが好きですね~!
特典についても簡単に感想を書いていきたいと思います!


さて。まずは映画本編について印象に残ったところを。
映画館で1度見て、第二章を見に行くときに見て、昨日3回目を見ました!
何回見ても言えることは1つ。鬼の力パネェ…!

今回の映画版はアニメやゲームとは異なる展開が多く、
特にに重点を置いているので、
見るたびに新しい発見があったりと何回でも楽しめます~!
そして、全編通して「鬼の力」の強大さ、鬼という存在について
意識させられましたね~


通しで見るのは3回目ですが、総司のシーンだけは何回も見ましたね!
物語序盤の千鶴を新撰組が預かることにした際に
土方さんの小姓にするように押し付けて、
機嫌良さそうにスキップする可愛さとか!!
もう何なんですかね!あの可愛さはぁぁっっ!!
言い出しっぺの法則、グッジョブです(o´∀`)b

それに何回見ても3バカ…あっ違うや、バラエティー班だ!w
の行動が好きですね~
思いっきり影が映ってるところがツボです( ´艸`)。シーじゃないよww
バッチリ見えてるよwww


それから一番再生回数の多い、総司の病気発覚のシーン。
聞き込みを続ける千鶴を静かに見守る総司も素敵ですが、
その後、病で崩れたところに薫が登場。

ここでの総司の目の動きがいいですね~!
薫の顔を見て驚いたり、千鶴のことを信頼している目で見ていたり。
出会った当初は何も感情が込められていなかったのに
千鶴と過ごす時間が信頼へと繋がっているんだと思うとほっこりしました(*´ω`*)
信頼できる存在になったからこそ、本当の気持ちを吐露する。
映画館でこのシーンが見られただけでも行ってよかった!と思えるシーンでした。

そして何度見ても平助が涙を流しながら「バケモノだ…」というシーンは
見てて辛いです(つд`)
仲間のために剣を振るうことができる、でも人として生きることはできない…
1つのシーンで平助の葛藤が伝わってきて、苦しくなりました(>_<)


それにやっぱり戦闘シーンが迫力ありますね~!
疾走感のある激しいバトル。
細かい動きも表現されていたり、目線や息遣いなども感じられたり…
どのシーンも格好良かったです!!

また、それぞれに見せ場のシーンがあるのも良かったです。
名言があったりと、短い中にも1人1人のストーリーが組み込まれていて
格好いいなと思いました。
特に主役である土方さんの格好良さは何度見ても異常ですね!
たとえ土方さん推しじゃなくても惚れるわ!惚れたわ(*ノωノ)


後、本編で一言言うとすれば…
山崎君について触れてあげて!!ってことですね!
監督が少し触れましたが、その後の彼については…(´;ω;`)
山崎君のところは小説かなんかで補完してほしいですね~

でも山崎君の関西弁は大変おいしく楽しませてもらいました(o´∀`)b
もっと喋っても良かったのよ??と思わなくもないですが、
まあこればっかりは仕方ないんですかね…残念です。


映画本編はやっぱり映画館で見た時よりも迫力は劣りますが、
それでも作りこまれたストーリーやそれぞれの想いは十分に伝わってきました。
それにチャプターもあるので、好きな場面だけ再生できるのもいいですね~!

また、映像特典やコメンタリーも一緒に入ってるので、
なかなか楽しめました!
映像特典は第一章の予告映像などが入っていて、
それぞれシーンを抜粋し、かつ気になる魅せ方をしている。
ふとした瞬間に見直したいくらいです!


続いて、オーディオコメンタリーについても触れていきたいと思います。
敬称略です。
1回目はこの3人です。
雪村千鶴(桑島法子)
土方歳三(三木眞一郎)
監督(ヤマサキオサム
)

1回目のオーディオコメンタリーは最初の方の三木さんのテンション高っ!!が
第一印象ですね、それは2回目でも変わらず。
それでも話の内容は全体的に落ち着いていて、
なるほどと思う話が多かったです!

監督ならではのエピソードがあり、色使いや光と影のコントラスト、
音楽などの使い方、映像の魅せ方について語られていて、
繰り返し見ると色々なところに気付くことができ、
細かいところも気にしながら見るのもそれはそれで楽しいなと思います♪

特に光の使い方、場面によって陰影のつけ方が異なっていて、
そういう細かい部分がきっちりと決められているからこそ、
よりその場面に惹きつけられるんだろうなと思いました。


そして1つ気になったのが、桑島さんは大人しい方なんですかね??
監督や三木さんは喋るのですが、桑島さんは話を振られたら話す
…といったように感じました。
まあでも男性ばかりの現場だと思うので、
女性キャストさんは難しいのかもしれませんね~

それでもオーディオコメンタリーは初めて聴いたので、
なかなか楽しめました!



続いて2回目はこの3人です。
斉藤一(鳥海浩輔)
藤堂平助(吉野裕行)
原田左之助(遊佐浩二)


第一章を見たという前提で話し始める自由な大人3人!w
この3人を一緒にしたらあかん!と最初に見たとき思いましたね( ´艸`)
最初の3人に比べて、ひたすら喋ってるし、
切ないシーンもこの3人のトークでどこかお笑い路線に走りますしw
左之さん=腹踊りの人とかやめてあげて!w


本編についてももちろん話しているのですが、
どちらかというと現場での話の方に興味を持ちました!
みんなで森久保さんの真似をしているとか…何それ見たい!
もはや“森久保祥太郎”というジャンルだそうで、
皆さんよく森久保さんの口調を真似ているそうです~
このオーディオコメンタリーでも真似してましたよ♪

また、1回目も思いましたが、見せ場トークが面白いw
この人はここが見せ場だ~みたいな話をしているのですが、
とりあえず…どんだけ源さん好きなんや!w
新八よりも源さんにキャストトークをやらせたいと3人とも言っていて、
第二章のコメンタリーに期待したくなりました( ´艸`)
なんだか新鮮で面白そうです!


他にも島田さん最強説が出てきたりw
変若水を飲まなくても死なないと思うとか言い出して、
島田さんがどんだけ強いんやと思いましたねw

それに平助のシーンの時のトークが笑いが止まらなかったですw
選択肢を間違えると千鶴じゃなくてあの人が…!って
まさかの展開過ぎて、驚きつつも爆笑しました!
この回は笑うこと間違いなしだと思います!
あの3人が集まると収拾がつけられないと思いました。だがそこがいい(o´∀`)b



最後の3回目はこの2人です。
沖田総司(森久保祥太郎)
風間千鶴(津田健次郎)


真ん中が賑やかし要因だったのでw
最後がこの2人だと落ち着きますね~!
お2人ともノリのいい方ではありますが、
締めるところはきっちり締めるタイプなので聴いてて落ち着けます~(*´ω`*)

30代がいなくなる現場。4年の歳月の恐ろしさよ…!
薄桜鬼が生まれてから今までの間に
どうやら主要メンバーが全員40歳を超えたようで。
他のゲームに比べてフレッシュ感がない!みたいなことを言ってましたね~
いや~、それでもその現場を間近で見たいっすね!!


そんな感じで出だしは笑いを誘うのですが、
沖田総司の演じ分けについての話には納得。
いつの沖田か。それによって病気の度合いが変わると。
森久保さんがそう言われてるのを聴いて、さすがだなぁと思いました。
確かに話し方が違うんですよね~!
病気が発覚する前と後では声のトーンなども違っていて、
そういう1つ1つのことにもこだわって
演じ分けしてくださっているところに感動しました!


後半は映像に見入ってることが多かったように思います。
それでもここをこうすればとか、
この行動に対してこう思うというのをコメントしていて、
表情などに注目するという、演じ手からの見方も面白いな~と思います。

また、最後もグダグダで終わらないで、
第二章への繋ぎともなっていて、このコメンタリーはとても面白かったです!


とりあえずオーディオコメンタリー全編通していえることは…
みんな天霧好きだよね!w
必ず話題に出すところに愛を感じますw
おめでとう、天霧。君はスターだ(o´∀`)b



続いて、サウンドトラック感想
どの曲も映画のシーンに合っていて、
凄く緊迫した場面を感じられたり、場面に沿った音楽というのがいいと思います!

全体的にシリアス調なので、短調が多めですね~
低音がズンズン響いてきて、重さやシリアスさがより伝わってきて
作品のいいアクセントになっていたと思います。


特に1曲目の「運命の夜」は後半が印象的ですね~
ちょうど千鶴が土方、沖田、斉藤と出会った時の音楽で
この部分を聴くだけで、セリフが蘇ってくるようです。

また、3曲目の「新撰組と共に」は映画の中で唯一のコミカルシーンともいえる曲。
薄桜鬼といえば切ないところが醍醐味ではありますが、
こういう明るいシーンも必要だと思うんですよね!
だからこそこの明るい曲調は貴重でした!



最後は書き下ろしノベルについて。
第一章での来場者特典で配られた小冊子も含まれており、
260ページ以上の小説、その後に載っている絵コンテと
これだけでも十分楽しめました!

来場者特典で配られた冊子はまだ千鶴が来て間もない頃の出来事についてで、
1人1人との関わりが和やかに描かれていて、
映画本編でシリアスな分、小説でほのぼのとしました(*´ω`*)

また、今回初収録の小説部分も
映画の内容に照らし合わせながら、キャラクターの過去の話になったり、
この時どう思っていたかなどが描かれ、
映画では描ききれなかったストーリーを
ここで読むことができて良かったなと思います!

より本編を楽しむことができ、1人1人のキャラクターについても知ることができ。
収録されている内容より、切なくはなりますが
それでもこうして映画の補足を小説で補うことができて
ようやくしっくりくるような印象を感じました。

薄桜鬼が好きな方なら、ぜひこの小説と照らし合わせながら
本編も楽しんでいただきたいと私は思います!


他にも特典については触れていないものもありますが、
どれもそれぞれに良さがあり、
これだけ特典がついてくるこの作品を購入して良かったと思います!

薄桜鬼という作品は元々好きではありますが、
映画を通して、さらに好きになれました。
ぜひ第二章の方もBlu-rayの発売を楽しみにしたいと思います!
もちろん初回限定版を買いますよ~!


と感想??についてはここまで。
最後に…
2014年3月30日(日)アニメシアターXにて放送決定だそうです!
もうすぐですね~!


といったところで長くなりましたが、今回はここまで。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
それでは~(*ゝω・*)ノ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
マイペースにランキング参加中。ポチッと押してくださると励みになります♪
関連記事
[ 2014/03/26 01:21 ] DVD、BD感想 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

奏楽

Author:奏楽

「星色☆喫茶」にお越しいただき、 ありがとうございます♪        ブログは5年目となりましたが、    マイペースにダラダラ、気づいたら更新少なめ。 かなりまったりペースですが、よろしくお願いします! ―――――――――――――――― 好きなのは乙女ゲームを含めたゲーム、アニメ、音楽、漫画、小説などなど… 色々なジャンルに足をつっこみすぎて、積め記事も多めですw でも好きだからしょうがない!    これからも全力で追いかけます!! ちなみに乙女ゲー歴は6年目です♪ ―――――――――――――――― コメントなど、絡んでいただけると喜びます(*´ω`*)♪ 時間はいつでもOK! 返信は拍手コメントを含め、コメントをいただいた記事に返します。 できる限り早めに返すようにしていますが遅れることもあるかも… また、ツイッターもやっていますので、 合わせてよろしくお願いします♪   ツイッターの方が出現率高めです。 ―――――――――――――――― ※当ブログに載せているバナー画像の著作権は、それぞれリンク先の企業様に帰属します。
シンプルアーカイブ
こちらも応援中~!
発売中のもので気になるものです。 欲しい順番ではありませんが、   シリーズ物は続けて載せてます。  また、ここには載せてないものでも保存用でひっそりあります。     ブログすっきり計画により、      より気になるものだけです! (PSP) うたの☆プリンスさまっ♪Debut ワンドオブフォーチュン2 ~時空に沈む黙示録~ ワンドオブフォーチュン2 FD ~君に捧げるエピローグ~ アルカナ・ファミリア アルカナ・ファミリア 幽霊船の魔術師 華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク デザート・キングダム ポータブル BLACK WOLVES SAGA Last Hope L.G.S. 新説 封神演義 大正鬼譚 金色のコルダ3 AnotherSkyシリーズ Glass Heart Princess 夏空のモノローグ portable アーメン・ノワール 幕末ROCK ――――――――――――――― (Vita) 花咲くまにまに カエル畑DEつかまえて☆彡 Code:Realize ~創世の姫君~ 三国恋戦記~オトメの兵法!~ オルフェ(KENN)
音楽CDも応援中♪
ツキウタ。       卯月新(細谷佳正) 皐月葵(KENN)      グラビ(特に年中組)を全力応援中♪ プロセラに混ざって騒ぎながら、  グラビとまったりお茶したい。     そして黒田を私にください←      葵くんの爽やかな笑顔に       日々癒されてます(*´ω`*)♡      最近は新熱が上昇中!       マイペースな新が好きです。     黒いの大中小と一緒に昼寝し隊☆ プロセラでは涙くん、夜くん推し♪ デュエットと新、葵くんの曲が好き♡ ―――――――――――――― うたの☆プリンスさまっ♪ 一ノ瀬トキヤ(宮野真守)      うたプリは全員&全曲好きだけど、 個人曲ならよく聴くのはトキヤ曲! ということでトキヤのバナーで。   せっかくなら全曲バナー作って欲しい!特に先輩たち求む!!     ポワゾンKISSはハマる♡
好きな乙女ゲーム(殿堂入り)
私が今までやった中で好きなものですが、好きな順番ではありません。 沖田総司(森久保祥太郎)    薄桜鬼                  本編と随想録が好き♪         特に随想録は画面に入りたくて仕方がなかったw二次元に入らせて!  乙女ゲーデビューがこの作品なので、思い入れがあります。      新撰組、最高!ありがとう!     総司は乙女ゲーの中で断トツ1位! ――――――――――――――― 寿嶺二(森久保祥太郎) 美風藍(蒼井翔太)     うたの☆プリンスさまっ♪        ユニットではROT推し!といいつつ全キャラ大好き♡            最終的に藍ちゃんに落ちついた。  先輩たちの絡みLOVE!嶺ちゃんに対しての塩対応が愛しいw      プリンスたちに癒され、先輩&先生たちに指導してもらえる日を待ち望んでます~。二次元が来い。 ――――――――――――――― エスト・リナウド(入野自由)    ワンドオブフォーチュン        どのキャラクターも魅力的ですが、エストが一番好きです!       ため息つきながらも何だかんだ構ってくれる彼を愛でたいです♡     ツンドラ魔王万歳!魔法も大好き! ミルスクレア魔法院に入学するにはどれだけ徳を積めばいいですか← ――――――――――――――― 英円(鳥海浩輔) 英央(須藤翔)     Clock Zero ~終焉の一秒~     この兄弟が好きすぎます!     小学生だからといって敬遠せずに 全力でプレイ推奨。          気づいたらきっとCZの虜☆      前半ほのぼの、後半切なめ。    Vita移植、央攻略対象おめでとう!ありがとう! ――――――――――――――― 天羽翼(鈴村健一)     Starry☆Sky               夏・秋は未プレイでも、どのキャラも好き♪好きな季節は冬☆       生徒会組の家族のような温かさが好きです♪私も仲間に入りたい!  翼が好きすぎて「ぬ」の一文字にも愛しさが生まれてますw        彼らと一緒に星座の勉強と天体観測がしたい!              乙女ゲー初心者さんにオススメ? ――――――――――――――― リベルタ(福山潤)    アルカナ・ファミリア           乙女ゲーム×少年マンガという   新ジャンルがいい!          おまけも満載で面白い♪       年少組の何だかんだで仲のいいところと幼馴染組のルカへの容赦ないところが好き!ルカちゃん弄り隊w  そしてレガーロ島に住みたい!   フェルを幸せにするのは私だ!w  コレツィオーネのパッケージ化も待ってます!!
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村(PV)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。